Digital human resources development program

デジタル人材育成プログラム

候補者選定から育成までを一気通貫で

オンライン研修対応

difficulty

このような課題、御社は抱えていませんか?

  • ビジネスとIT、両方を理解している人材がほぼいない
  • ビジネス人材が豊富だが、ITには精通していない
  • そもそもIT人材が不足している

Answer

デジタル人材育成プログラムで解決できることあります

  • ビジネスとITを繋ぎ、新しい価値をもたらすデジタル人材を育成できる
  • 企業として、IT知識を重要視していくことの意思表示および興味醸成ができる
  • デジタル人材としての素養を確認して、適切な人材を選抜できる
Our goal

デジタル人材としての素養を確認
適正者をデジタル人材に育成する

Step 1
企業としての意思表示および興味醸成

IT全体像に関して2時間半の研修を、なるべく多くの社員にご参加いただけるオンライン形式にて行います

企業としてIT知識を重要視していくことへの意思表示と、ITへの興味醸成を行います

Step 2
デジタル人材としての素養を確認する

選抜者に対して、プログラムを書かずともシステムを作ることができる、ノーコードプログラミングによる研修を行います

リカレントテクノロジーではノーコード研修を通して、「デジタル人材としての素養」を評価し、参加者のアセスメント情報をレポートとして提出します

Step 3
デジタル人材を養成する

アセスメント情報を元に打ち合わせを行い、デジタル人材に育成するメンバーを選抜します

2ヶ月間に渡りWebアプリケーション開発の研修を行うことで、現代ITの基礎となるWebサービスを開発できるようトレーニングを施し、デジタル人材として活動できる社員を養成していきます

Curriculum

研修カリキュラム

ビジネスとITを繋ぎ、新しい価値をもたらすデジタル人材を育成します。 企業としてIT知識を重要視していくことへの意思表示と、ITへの興味醸成を行いながら、デジタル人材としての素養を確認し、適正者をデジタル人材へと育成していきます。
Step項目日数カリキュラム
Step1IT全体像理解研修2時間半 IT全体像を理解する
各種IT用語の基本理解
ITの先端技術・用語
ITビジネスへの展開
ITの自社への応用
Step2ノーコード研修2日 ノーコードとは
プログラミングとの違い
メリットとデメリット
bubbleの設定
アプリケーションの作成
エレメントの配置
データベースの操作
デプロイの概要
Popupエレメントの活用
ページ間のデータの受け渡し
ユーザー登録機能
ログインとログアウト
動作テスト
アプリケーションの公開
演習課題
応用課題
Step3ITプログラミング研修35日 IT基礎
プログラミング入門(HTML,CSS,JavaScript)
Linux基礎/データベース
Javaベーシック
Javaマスター
バージョン管理入門
システム開発演習
成果発表会

※Java以外にも、PHP,Python,C#での実施も可能です。ご相談下さい。
FAQ

よくいただくご質問

デジタル人材育成プログラムは、3つのStepに分かれていますが、1つのStepのみ受講することは可能ですか?

はい可能です。各企業の状況に合わせて、各Stepのみの受講も可能ですので、お気軽にご相談ください。

ITに対して全く知識のない社員でも受講は可能でしょうか?

はい可能です。特にStep1については、企業としてIT知識を重要視していくことへの意思表示や、受講する社員に対してITへの興味醸成をゴールとしています。年代や役職問わず、可能な限り多くの社員にご受講いただきたい内容です。

リカレントテクノロジーのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

問い合わせオペレーター

リカレントテクノロジーのサービスに関する
お見積もり、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-70-3727

受付時間:平日 8:30–18:30