リナックスアカデミー事例紹介

新入社員研修

東京システムハウス株式会社 新入社員研修

東京システムハウス

ICTに関するサービス・システムを幅広く手がけている東京システムハウス株式会社の鎌田様、鈴木様に、人材育成や研修に関して考えていること、新入社員研修についてお伺いしました。

人材育成・研修に関して

御社の研修体制に関してお聞かせください。

これまでは、いわゆるヒューマンスキル的な研修であったり、マネジメント向けの研修等を行っていました。また、技術面に関しては、ほぼOJTでというのが実態でした。

当社は、事業部制を取り入れており、事業部ごとに様々な業種のお客様がいらっしゃるため、開発に求められる言語や技術というのも多種多様であり、そのため教育する開発言語を統一するのが難しいという先入観もあって、OJTの方が効率が良いという発想の元、長らくやってきました。

OJTから研修外注化へと踏み切られたきっかけは?

tsh-world01多様な顧客を抱えているというのが、当社の強みのひとつです。一方で、求められる技術レベルやノウハウは、事業部ごとに差が開いてきてしまうところがありました。そうすると、事業部同士の社員の異動がやりづらくなってしまうなどの弊害も出てきます。

そこで、一旦社内で、システム開発に関する基本的な所を学び直そうという話になりました。

より良い会社を目指すための取り組みとして、体系的に整備された偏りのない教育システムを作ろうと考え、検討を開始しました。

リナックスアカデミーを選んだ理由

とても参考になるお話ありがとうございます。なぜ最終的にリナックスアカデミーをご選択いただけましたか?

リナックスアカデミーさんにお願いした理由は、大きく3点あります。

1点目は、技術教育を専門としている会社のほうが、講師の水準が高いだろうという印象があり、ノウハウの質が高いのではないかなという期待があったことです。

2点目は、集合研修の規模について60~80人といった大人数よりも、20人以下が適切な規模だという説明をいただけたことです。明確なノウハウを持っていて、きちんと教育システムを作っている企業だと感じました。

3点目は、当社の要望に合わせてカリキュラムを柔軟にカスタマイズしていただけたところですね。率直にコスト面を考えた研修期間の制限がかなり課題になっていましたが、そこを柔軟に対応してもらえました。

これらが理由ですね。

実際に研修をしてみて

振り返ってみて、具体的にこういった点が良かったというのは?

tsh-world02実際に見学をすると、講師が一方通行でしゃべっているのではなく、生徒に考えさせて、質問が来たら講師が的確にこたえるというスタンスをずっと続けてくれていたのが良かったです。

みんなすごく真剣に受講していて、自主的な力がつくような気がします。

講師と新入社員のやりとりを、偶然聞いた者がいたのですが、講師が返す質問の回答が的を射ていて、わかりやすくかみくだいた説明をしてくれているからさすがだね、というふうに言っていました。

研修を終えた社員様のご状況はいかがですか?

まだまだ配属されて間もなく何ともいえないところはありますが、皆それぞれの仕事を頑張っています。プログラミングで実際にJavaをやった。全体像もわかった。自分もやればできる、という感覚を持てている感じはあります。

今後の期待

当社への今後の期待、要望を教えてください。

(研修を受けた)本人たちからは、マイナスのことがあまり出てこなかったので、講師がやっぱり素晴らしかったんだなと思いました。生徒と寄り添える講師をいつも提供して頂けると、ありがたいですね。

講師と生徒の関係、生徒といっても学生ではなく社会人なので、なかなか講師とのやりとりが難しい年代もいると思うんですよ。

そういう中でも寄り添っていける講師の方が、企業側としては技術研修というので受け入れやすく、社員たちにも受け入れてもらえると考えています。そういった意味では講師は非常に、我々の新人たちの評価もちゃんと見てくれたなという、今後もそういった良い講師をアサインしていただければ嬉しいです。

ありがとうございます。いい研修を引き続き実施して参ります。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

最短でスキルを身につけるIT研修

・「早く戦力化するように実践的な研修がしたい」

・「とはいえ、長期間活躍してもらうために基礎は重要だ」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からでもエンジニアの入り口に立てる研修企業として16年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

コースの内容や金額、事前の学習などの情報もお伝えしています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。

資料を見てみる