訓練給付制度

最大10万円が支給される教育訓練給付制度について

教育訓練給付制度とは

この制度は、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(現在在職中の方)または一般被保険者であった方(現在休職中の方)が、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、本人が支払った入会金・受講料・教材費の20%に相当する額(上限10万円)がハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。

最大10万円給付されます

◎一度退職して改めて就職した場合、再就職するまでの空白期間が1年以内であれば前職の雇用保険加入期間も通算されます。
◎現在離職中の方は、離職後から受講開始までが1年以内であれば退職前の雇用保険加入期間が適用されます。


※適用対象期間の延長
離職後1年以内に妊娠、出産、育児、疾病、負傷等の理由により引き続き30日以上受講を開始できない期間があった場合、ハローワークにその旨を届け出ることにより、給付金適用対象期間にその受講開始できなかった期間(日数)を加算できます。

受給資格チェッックテスト

チェックテスト


「教育訓練給付制度」を利用したいけど、自分は使えるの? いくら支給されるの? 給付はいつ受けられるの? このようなご質問には、個別カウンセリングで詳しく答えいたします。お気軽にお問い合わせください。

個別カウンセリングご予約はこちらから

上に戻る