Linuxネットワークエンジニアコース

基礎から高度なサーバセキュリティまで 実践演習でマスターする Linuxセキュリティエンジニアコース

コース概要

初心者の方を対象に、Linuxの基本操作やLinuxサーバの構築・運用管理について、PBL(Project Based Learning)形式によるLinuxサーバ構築演習で学習します。また、サーバセキュリティの考え方から暗号化や侵入検知システムなどの対策方法まで、実践的なセキュアサーバ構築演習でマスターします。Linux技術者認定資格LPICの取得も目指すことができる人気のプロフェッショナルコースです。

学習の流れ

学習内容

ベーシックコース

Linuxの基本的な利用法/ユーザー・グループの管理/vi/仮想コンソール/ネットワークの仕組み/Linuxにおけるネットワーク設定/ネットワーク診断ツール/インストールとその後の設定/Webの仕組みとWebサーバ/Apacheの起動と基本的な利用/Apacheの設定ファイル/CGI/名前解決ツール/ネームサーバの構成

マスターコース

SSHとは/OpenSSHにおける公開鍵暗号認証/安全なファイル転送(scp、sftp)/メールサーバの役割/ Postfixの運用管理/Dovecot/Sambaの起動とWINS/共有の基本設定/MicrosoftWindows Network/NFSサービス、システムログ/ジョブスケジューリング/NTP/システム運用状況の確認/冗長性/可用性/バックアップ/ネットワーク侵入に対するセキュリティ

資格対策コース

基本的なコマンド操作/テキスト処理/プロセス管理/ファイルシステム/ハードウェアとアーキテクチャ/ソフトウェアのインストールとパッケージ管理/X Window System/起動・停止とランレベル/ユーザ管理/システム管理/シェル/ドキュメント/ネットワーク基礎/セキュリティ/印刷

Linuxサーバ構築演習コース

仮想ドメインを解決するDNSサーバの構築/インターネットサーバの構築/SSHサーバによる安全なリモートログイン/基本的Webサーバの構築/FTPサーバの構築/メールサーバの構築/各サーバにおける基本的なセキュリティ対策/OSSを利用したブログサーバの構築

■Linuxセキュリティコース

セキュリティの考え方/セキュリティ関連の法律/攻撃・侵入の手法と事例/サーバセキュリティの基礎/不要なサービスの停止/パケットフィルタリング/サーバソフトウェアのセキュリティ/ネットワーク通信のセキュリティ/侵入検知/セキュアサーバ構築

information

Linux+セキュリティの専門スキルで勝負するならこのコースです。

総時間数 150時間
回数 60回
定員 8〜16名
教育給付 教育訓練給付制度指定講座
目指す職種 セキュリティエンジニア、Linuxエンジニア、サーバ管理者 など
レベル 初心者OK
合格保証 LPIC(レベル1)※カリキュラムはLPIC(レベル2)に対応
受講料 640,000円
教材実習費込
最大5%還元
(32,000スタディポイント)
学費サポートプラン 月々9,000円より

入会金+受講料(教材費込

頭金

月々のお支払い額

670,000円

40,000円

10,000円

開講クラス( )内は授業が行われる場合があります。

昼間部短期集中 平日夜 土・日曜
曜日 週4〜5日(平日) 月・木又は火・金 土曜又は日曜
時間帯 9:30〜15:30 19:15〜21:45 9:30〜15:30
(16:10〜18:40)
期間 約6週間 約6ヶ月 約6ヶ月

※曜日・時間帯は時期により異なります。※コースの期間・金額は、予告なく変更になる場合がございます。※カリキュラムは、予告なく変更になる場合がございます。※1回の授業は、2.5時間=75分×2コマです。※「合格保証」はリナックスアカデミー固有の制度であり、資格の合格そのものを保証するものではありません。※一部の日程は、上記の標準学習期間外となる場合があります。※「期間」は、昼間部は25時間=1週間、平日夜・土曜・日曜は25時間=1ヶ月とした標準学習期間です。実際には入学期により異なる場合がございます。

上に戻る