Eclipseのインストール方法 -準備編-

Eclipseのインストール方法 -準備編-

From: リナックスアカデミー 高坂
@新宿本校

システム開発に欠かせないのは…

IDE(統合開発環境)

…です。

優れたIDEを使うことで
開発効率をアップさせることができます。

以前に構築したCentOS7に
IDEのひとつである…

Eclipse

…をインストールしてみましょう。

注)CentOSでのインストールになります。

Eclipseとは?

Eclipse(イクリプス/エクリプス)は
IBM社で開発されたIDEです。

その歴史は
1990年代から始まりますが

2000年代に入り
オープンソース化されるとともに

多くの開発者の支持を得て
今でも様々な開発現場で使われています。

主に使用されるのは
Javaを使った開発ですが、

プラグイン

と呼ばれる
拡張機能を使うことにより

PHPやRubyなど
Java以外の言語で開発できます。

Eclipseとは

「日食」

…という意味です。

宇宙や天体を
イメージさせますが、

Eclipseの
各バージョンにも
天体に関連する名前が付けられています。

たとえば…

バージョン3.2には
木星の衛生「Callisto」という名前で、

バージョン4.4には
月を意味する「Luna」という名前です。

ちなみに、
最新バージョンである4.5には

Mars(火星)

…という名前が付けられています。

管理者としてCentOSにログインしておこう

今回は
CentOSにログインする時に

初めからRoot(管理者)で
ログインしておいてください。

step1

Rootでログインするには
ログイン画面が表示された時に

「アカウントが見つかりませんか?」

というリンクをクリックします。

次に表示される画面で
管理者のユーザー名とパスワードを入力します。

これで、
管理者としてGUIでログインできます。

ただし、
ひとつだけ注意があります。

管理者でログインする時は
システムで必要なファイルやフォルダを
誤って消したりしないように気を付けましょう。

場合によっては
システムが起動しなってしまいますので。

Eclipseをダウンロードしよう

まずは公式サイトから
Eclipseの最新版である…

Eclipse Mars

…をダウンロードしましょう。

Eclipse
[URL]https://eclipse.org/downloads/?osType=linux

step2

32bit版と
64bit版があるので
環境にあわせてダウンロードしてください。

Step3

32bitか64bitかを選択すると
ダウンロード元のサイト情報が表示されます。

Downloadをクリックしましょう。

step4

ダウンロードが終わると
どのように開くかを聞かれます。

プログラムで開く-アーカイブマネージャ

を選択しましょう。

ダウンロードされたファイルは
アーカイブされたままです。

アーカイブとは
複数のファイルをまとめて
1つのファイルにしたものです。

また、
容量を減らすために
データを圧縮されています。

そういった
アーカイブを管理するソフトが
アーカイブマネージャなのです。

ダウンロードが終わると
アーカイブマネージャが開きます。

step5

eclipse-jee-mars-R-linux-gtk-x86_64.tar.gz

という
アーカイブの中に…

eclipse

というフォルダがあります。

フォルダを選択して

「展開」

…をクリックしましょう。

step6

展開画面が表示されます。

ログインユーザーの
ホームフォルダが表示されます。

一般的にプログラムは…

usrフォルダ
(/usr)

…に置くことが多いので、
usrフォルダに移動して展開します。

step7

展開が終わると

「eclipse」

というフォルダが作成されます。

Eclipseのダウンロードは
これで終了です。

次回は
Eclipseの起動と日本語化をご紹介します。

リナックスアカデミー
高坂

PS

最初に管理者で
CentOSにログインしたのは

管理者以外のユーザーでは
usrフォルダに
ファイルを作成できない場合があるためです。

ファイルが作成できる、できないというのは

「権限」

…で管理されますが、
それについてはまた別の機会にご紹介します。

Javaプログラマーを目指すならこちらから