エンジニアのための「意外と知らないプログラムに使う記号の読み方」

エンジニアのための「意外と知らないプログラムに使う記号の読み方」

From: リナックスアカデミー 松田航
新宿本校にて、、、

OSの操作や
プログラムを組んでいると

さまざまな
記号を使うことが多いです。

今回は

さまざまな記号と
システムにおける記号の使われ方

についてご紹介しましょう。

この記号は何という名前?

プログラムを扱っていると
記号に接する機会は多くなります。

他の人に
システムの仕様を伝える時

あれ?

この記号って

何ていう名前なんだろう?

…と思ったことはないでしょうか。

例えば

「?」

このマークの
正式名称がわからないので

「はてなマーク」

という方も多いでしょうね。

「?」はまだ優しいですが

「~」

とか

「|」

とかは何と言うのでしょうか。

記号の読み方と使われ方

それでは、
記号の読み方と
システムでの使われ方について
簡単にご紹介しましょう。

1: ? マーク

「はてなマーク」ですね。

正しい読みは

「クエスチョンマーク」

…です。

この読みは
ご存知の方も多いでしょう。

システムでは
ワイルドカード(任意の文字)や
条件文で使われます。

Javaの条件文の例だと…

条件式 ? 条件式が真の時の処理 : 条件式が偽の時の処理

…のように使われます。

ただ、
多用すると読みにくくなるので
使わないほうがいいとも言われています。

私は割と使ってしまいますが。

2: ! マーク

通称「びっくりマーク」です。

正しい読みは

「エクスクラメーションマーク」

…です。

不均等記号として
多くの言語で使用されます。

値A != 値B

の例では、
値Aと値Bが一致しない
という意味になります。

3: ‘ マーク

こちらは

「シングルクォーテーション」

…です。

英語で使用する
アポストロフィとも似ていますが、
両者は別ものです。

‘文字列’

…のように、
記号で文字括って
文字列を表すことが多いです。

4: ” マーク

こちらは

「ダブルクォーテーション」

…です。

シングルクォーテーションと同じく
文字を括って
文字列を表します。

5: % マーク

「パーセント」です。

これはさすがにお分かりでしょうね。

一般的には
比率を表しますが、

javaなどでは…

乗余算(余り)

…の算出に使われます。

例えば…

値A % 値B

だと、

値A÷値Bの余りを求めます。

6: ` マーク

こちらは

「バッククウォート」

…です。

Linuxで使用される
シェルスクリプトでは

この記号で括った文字を
コマンドとして扱います。

7: * マーク

通称「コメマーク」です。

正しくは

「アスタリスク」

…と読みます。

全項目にマッチする
ワイルドカードとして使われており、

SQL文では
データを読み込む時に

テーブルに含まれる
全ての項目を表す文字として
使われています。

8: ~ マーク

通称「にょろマーク」です。

正しくは

「チルダ」

…と読みます。

Linuxでは
ホームディレクトリを意味します。

9: ^ マーク

チルダと似ていますが
こちらは…

「ハット」

…と言います。

Javaなど多くの言語の

XOR演算(排他的論理和)

…で使われています。

10: < マーク

「小なり」です。

値の比較で
使われる記号ですね。

11: > マーク

「大なり」です。

同じく値の比較で
使われる記号です。

大なりと小なり、
どっちがどっちか忘れる方も多いので
ご紹介しました。

12: / マーク

「スラッシュ」です。

WebではURLの
階層を表す記号として使われますね。

また、
多くのプログラムでも
除算(割り算)を意味する記号として
使われています。

13: \ または \ マーク

「バックスラッシュ」ですが、

環境によっては…

「円マーク」で表示されます。

Linuxなど
多くのシステム上では、
文字を明確に表すために…

「エスケープ文字記号」

として使用されます。

14: | マーク

「パイプライン」です。

Linuxでは
パイプ処理を行う時に使用します。

例えば、
フォルダ内のファイルを表示する

「lsコマンド」

と、

標準出力の内容を
ファイルに書き出すことができる

「teeコマンド」を
以下のように組み合わせます。

ls | tee list.txt

そうすると、
標準出力に表示されると同時に、
list.txtというファイルにも書き込まれます。

誰でも理解できる伝え方がポイント

実際に、他の人に
記号を説明するには

正式名称で伝えるよりも
分かりやすい言葉で伝える方がいいでしょう。

「パイプライン2つ」

と言うよりも…

「縦棒2本」

と言う方が伝わりやすいですものね。

記号も大切ですが、
大切なのは伝わりやすさです。

例えばプログラミングでは
記号を多く使うと読みにくくなりますので、

分かりやすい書き方で
誰でも理解できるということも大切ポイントです。

とはいえ、後輩に聞かれたときなど、
答えられるようにはしておきたいですね。

 

リナックスアカデミー
松田

 

PS
本格派プログラミングのスクール