プログラマーは専門性だけではダメ?

プログラマーは専門性だけではダメ?

From: リナックスアカデミー 松田航
@新宿オフィス

「プログラマーを目指す以上、専門性を
身に付けることは必須ですよね?」

「やはりエンジニアを目指すなら、
高度な専門技術が必要ですか?」

エンジニアやプログラマーを目指すあなたが
感じている通り、

スペシャリストである以上、専門的な技術を
身に付けることは必要条件です。

しかし

専門的な技術を身に付けたからといって、
引く手あまたのエンジニアやプログラマー
になれるか?

というと、必ずしもそうではありません。

事実、未経験からエンジニアを目指した方々が、
転職後に活躍しているということは、
まったく珍しいことでありません。

つまり、専門的な技術だけではない、
ということなのですが・・・

それでは、エンジニアやプログラマーとして
活躍するには、一体何が必要なのか?

これについてお話したいと思います。

【ヒューマンスキルを磨く必要がある】

エンジニアやプログラマーを目指す方にとって、
専門性を身に付ける必要があるというのは、
ごく当たり前のことと考えられているようです。

確かに少し考えてみると、

料理人になるなら料理が作れないとなりませんし、
美容師になるならカットなどの技術が必要ですから、

仕事を遂行するにあたって専門的な技術を
身に付けることは、スペシャリストに不可欠です。

しかし専門性だけでお客さんと仕事をすることが
できるかというと、そうではありません。

たとえばプログラムの開発とサーバの構築の両方を
お客さんから受注した場合、

プログラマーやインフラエンジニア、営業担当などを集め、
プロジェクトチームを作る必要があります。

担当ごとに求められる専門性は異なりますから、
多くの会社では分業化や専門化が進んでいるはずです。

分業化や専門化が進めば進むほど、
一つのプロジェクトを完了するにあたり、
協力してもらうスペシャリストの人数が増えますから、

あなたの担当する仕事を終えるためには、
他のスペシャリストと協調して仕事をしていくスキルや

正しく依頼や相談をするためのコミュニケーション力が
必要になるわけです。

つまり、プロジェクトの完遂には技術的なスキルに加え、
ヒューマンスキルを磨く必要がある、ということです。

そして仕事というのは、
お客さんの課題を解決することですから、

課題を理解するといったコミュニケーション力を
はじめとする、ヒューマンスキルが必要不可欠です。

技術だけではだめ

エンジニアやプログラマーとして活躍し、
評価されるには専門性だけでは十分ではなく、
ヒューマンスキルが求められるということ。

また、結局給料が上がって行くのも、
技術力だけではなくバランスよく能力が上がっている
人材です。

なぜなら、上の立場の人間は、
人を育てることも重要な仕事になるからです。

専門性を身に付けなければならない、
という意識はきっとあなたも持っていると思いますから、

むしろヒューマンスキルこそ、
仕事を進めるにあたり大事なスキルである

こう、考えてみてもいいかもしれません。

リナックスアカデミー
松田

PS

手っ取り早くエンジニアに必要なヒューマンスキルを上げるには、
開発演習をやるべきです。

開発演習も行うプログラミング講座