エンジニアのキャリアプランを実現するために大切なこと

エンジニアのキャリアプランを実現するために大切なこと

From: リナックスアカデミー 松田航
新宿本校にて、、、

エンジニアとして活躍する上で

「キャリアプラン」

…をしっかり持つことが大切です。

そして
キャリアプランは持つだけでなく、
実現させることも重要です。

今回は

「キャリアプランを実現するためのポイント」

…についてお話ししましょう。

キャリアプランを意識することが必要

入社1年はプログラマー。

入社2~3年はSE。

入社4年目以降で上級SE…。

昔の企業では
社員のキャリアプランを
企業が設定してくれていました。

なんとか仕事に
しがみついてさえいれば、

会社が敷いた
キャリアプランというレールに乗って
活躍できるという保証(?)がありました。

しかし、
今はどんな大企業でも
いつ倒産するかわからない時代です。

企業が設定したキャリアプランは
ほとんど意味がなくなっています。

また、
今の企業のほとんどは、

「自分はこうなりたい!」

…という主体的な
キャリアプランを持つ方を求めています。

エンジニアにとって
キャリアプランをしっかり意識することは、

IT業界で活躍するためには
必要な意識のひとつです。

年齢と案件

あるエンジニアの話をご紹介しましょう。

そのエンジニアは50代前半で
小さなSIerに15年以上勤めていました。

15年選手ともなると
エンジニアとしてもベテランの域に入りますが、

どういう訳か
参加できる開発案件がなくなってきました。

その理由は、

年齢とスキルがマッチしない

…ということでした。

エンジニアは
ある程度のキャリアを積むと、

上流工程のスキルや
マネジメントスキルなどが求められます。

しかしその方は、
会社から紹介された
プログラミングやテストの案件など

フェーズの限られた
短期的な開発案件にばかり参加しており、

自分が思い描いていた、

「マネジメント系のスキルを磨く」

…というキャリアプランを
実現することができなかったのです。

仕事をこなすのに精一杯で、
何もできなかったという例ですね。

そういった仕事ばかり取る会社にも
原因があるかとは思いますが、

仕事を理由に
キャリアプランを実践できなかった
エンジニアにも原因はあります。

仕事をしながら
キャリアプランを実践するのは大変ですが、

毎日少しずつでも、
キャリアプランの実現のために何かをすることで、
将来に大きな差が付くこともあるのです。

未経験から業界に入る場合

未経験から業界に入る場合にも注意が必要です。

IT業界は建設業界などと同じように、
ピラミッド構造で成り立っています。

元請け、一次請け、二次請けと仕事が
流れる構図になっているということです。

はじめに働く階層により、その後のキャリパスが大きく変わるのが
ピラミッド構造の特徴です。

「初心者歓迎」「未経験者OK」という求人はたくさんありますが、
その企業はどの階層でしょうか?

もし、成長していいエンジニアになりたいと思っているのであれば、
かつ新卒でないのであればある程度のスキルを持った上で、
入らなければパーツを作る作業を繰り返すだけになってしまいます。

キャリアプランを描くためには?

キャリアプランを
描くにあたって大切なことは、

「どんな自分になりたいのか?」

ということを強く意識することです。

エンジニアと言っても
さまざまな職種があるので
具体的なことはここでは話しませんが、

「なりたい自分」

…を意識することで
あなたの中に目的意識が生まれます。

そして次に、
なりたい自分になるために、

・今のあなたでもできること
・今のあなたではできないこと

…をリストアップしてください。

今のあなたでもできることは、
キャリアプランを実現するために
必要なものを持っているということです。

必要であれば
既に持っているスキルなどを
伸ばしてゆけるようにしましょう。

そして、
今のあなたではできないことは、
キャリアプラン実現のために必要なことです。

できないことを
できるようにするために、

どのようなことをすれば良いのか?

それを考えて実践しましょう。

既に持っているスキルは
更にスキルを伸ばせるように、

持っていないスキルについては、
どのようにすれば身に付けられるか、

常に自分を分析して、
なりたい自分になるために
必要なことを見極めることが大切です。

あなたが思い描いている
キャリアプランを実現した人がいたなら、
その人に相談してみるのもひとつの方法です。

そこから
自分では気が付かなかった
新しい視点が発見できるかも知れませんね。

学び続ける姿勢、前に進もうとする姿勢が大切

また、
キャリアプラン実現のためには、
たとえどんなに忙しくても
何かを学ぶ姿勢は忘れないようにしてください。

新人エンジニアの頃は
毎日が学びの連続で得る物も多いですが、

数年経つと
学ぼうとしなくなる
エンジニアが増えるのも事実です。

毎日数分でもかまいませんので、
目標のために進み続けることが大切です。

そして、
キャリアプランは
変更してもいいという事も覚えておいてください。

IT業界では
毎日新しい技術が生まれ、
新しい職種が次々に生まれています。

状況に応じて
なりたい自分が変わることもありますし、

最初考えていたキャリアが
数年後には需要が低いことも考えられます。

ですので、
キャリアは柔軟に考えるようにしてください。

大切なのは
学び続ける姿勢や、
前に進もうとする姿勢です。

その姿勢を持ち続けることができれば
数十年後も活躍できるエンジニアになれるのです。

リナックスアカデミー
松田

PS

スクールで学ぶことは
キャリアプラン実現のために有効な手段です。

あなたのキャリアプランの実現をサポートします。

リナックスアカデミーの資料請求はこちらから