未経験でもIT業界で通用するエンジニアになるには?

未経験でもIT業界で通用するエンジニアになるには?

From: リナックスアカデミー 松田航
新宿本校にて、、、

「未経験からでも、
 IT業界で通用するエンジニアになるには、
 どうすればいいですか?」

リナックスアカデミーの受講生や、
これからプログラミングを学ぼうと思っている人から、
もっとも聞かれる質問のひとつです。

そもそも業界で通用するとは?

そもそも業界で通用する技術者とは
何でしょうか?

未経験から技術者としてやっていくということは、
大前提として会社に雇って貰うということです。

はじめからフリーランスや、
ノマドといった働き方を求めるのは、
無謀です。

まずは会社で働きつつ、技術を蓄え、
3年〜5年後の目標にするのであれば、
構いません。

フリーランスでやるよりは、
起業して自らサービスを作る方が、
まだ安心です。

実際、リナックスアカデミーで勉強して、
すぐに起業する受講生はままいます。

技術がまったくない状態で、
すぐにひとりでやっていくのは相当な
根性がいります。

しかし、責任がすべて自分にありますから、
特に問題はない訳です。

とは言え、
すぐに自らサービスを作りたいという
アグレッシブな方よりも、まずはエンジニアとして
生きていきたいという方が多数派のはずです。

それであれば、
「通用する = 雇って貰える」
をまずは考えるべきです。

では、未経験から雇って貰うには
どうすればいいか?

年齢や経歴も無関係とは言えませんが、
それよりも重要なのは「安心感」です。

本当の意味での技術力を
入社試験で測ることは実は困難です。

また、未経験の人の技術力は、多少の差異はあれど
それほど変わらないというのも事実です。

では、どこで入社の可否を判断するか。

それは、

・入社前にしっかりと自分なりに勉強して来てくれて、
 ゼロからスタートではないという安心感

・それを目に見える形で証明してくれたという安心感

・今後もITを勉強していってくれるだろうという安心感

です。

完全な未経験で雇い、
ITを勉強させてみたらすぐにやめてしまう。
意外かもしれませんが、そんな人が本当に
多いのがこの業界です。

だから、ポテンシャル等よりも、
「雇ってすぐに辞めません」
「今後も勉強を続けて成長していきます」
そういった気構えが見える方が
よほど人事は採用しやすいのです。

どのようにして気持ちを見せるか

勉強して来た努力と、
その成果、そして今後の証明ができるもの、
それは「資格」と「作ったもの」です。

幸いITには資格がたくさんあります。
そして、どれも、実務と近いと言われており、
特にLinux(LPIC)やネットワーク資格(CCNA)は、
それを持っているだけで目にとまりやすい資格です。

IT資格を持っていることで、
ある程度の技術的な証明をすることができますし、
なにより勉強のやる気を示すことができます。

続いて、作ったものですが、
これは成果物に当たります。

特にプログラミング系の技術者になりたければ、
独力で何を作ったのか、どう作ったのか、
それが説明できることが大切です。

できれば内容物をそのまま見せたい。

そのためには、プログラミングというものを
勉強するだけではなく設計やドキュメントについても、
学んでおかないといけません。

自分で起業したいなら別ですが、
結局仕事はクライアントありき、
そして説明ありきです。

あとは熱意

あとはやはり熱意です。

おつき合いの深い、
『プログラミングはなぜ動くのか?』の著者
矢沢先生の言葉を引用すると、

「就職面接で志望動機を尋ねられたときも、
堂々と『好きだからです』と言ってください。
きっとよい結果が得られるはずです」

先生の言う通りで、
経営者は熱意に弱いのです。

本気で働きたいと思っている人を
雇いたくない経営者はいません。
断言できます。

もちろん熱意を伝えるために、
資格や制作物といったものは必須です。

ただし、
気持ちを前面に出すのも
それはそれで大切なことなのです。

資格や成果物など目に見えるものを提示し、
熱意をきちんと伝えれば、
未経験だろうと何だろうと、
必ず道は開けます。

あなたが、もし経験がなくとも、
エンジニアになりたいと思っているなら
参考にしてください。

リナックスアカデミー
松田

 

PS
スクールに通うことも熱意の証明になります。
また、資格や制作物への距離も近くなります。

リナックスアカデミーの資料請求はこちらから
http://www.linuxacademy.ne.jp/lp/all02.html