Androidアプリエンジニアコース

Webアプリ×Androidアプリで初心者から就転職を実現する Androidアプリエンジニアコース

コース概要

このコースでは、初心者の方を対象に、Javaプログラミングの基本からデータベースとの連携、サーバサイドJavaの実務スキルまで、PBL(Project Based Learning)形式によるJavaシステム開発演習で学習します。また、ニーズが急増しているAndroidアプリ開発スキルも習得し、幅広く活躍できる即戦力を目指します。プログラマー必須のJava認定資格合格保証付です。

学習の流れ

学習内容

ベーシックコース

Javaの基本/制御文(分岐処理)/制御文(繰り返し処理)/配列/メソッド/フィールド/クラス/インスタンス/コンストラクタ/クラス型の配列/継承/抽象クラス/インターフェース/パッケージ/クラスライブラリ/例外処理/コレクション/スレッド

マスターコース

Webアプリケーション概要/HTTPプロ卜コル/サーブレットライフサイクル/Eclipse/Tomcatプラグイン/リクエストとレスポンス/セッション管理(商品登録システム)/ServletContext/JSP/Java Beans/ EL /JST L / M VCモデル/データベースの特徴/SQL/JDBC/会員情報管理システム

資格対策コース

ネストクラス/新言語仕様/例外/コンストラクタ/オーバーライド/スレッド/Generics/コレクション/入出力/分割/書式化/正規表現

システム開発演習コース

システム開発概論/データベース/サイト作成の課題とチーム分け/要件定義/テーブル設計/クラス設計/コーティング/単体テスト/結合テスト/クロステスト/成果発表会

Androidアプリ開発コース

Androidとは/EclipseとAndroid SDKとの連携/開発環境の整備/サンプルプロジェクトの作成/JavaとAndroid、言語とAPIの違い/ライブラリ/Androidのシステムアーキテクチャ/アプリケーションレイヤ/アプリケーションフレームワーク/定義ファイルとレイアウト/ボタンの配置/アラームの作成/プログレスダイアログの作成/インテント/様々なアプリの呼び出し/ドラッグによる画像の移動/アニメーションGIFの再生/サウンドの状態遷移/ビデオカメラ/MediaRecorderの状態遷移/AndroidManifest.xml/ビデオプレイヤー/SQLite/データベースの基本操作/データベースのデータ表示/ネットワーク/WebView/HTTP通信/Google Map/Google Playでの公開の流れ/アプリ開発演習

information

Javaの2大人気スキルWebアプリとAndroidアプリがマスターできる人気No.1コースです。

総時間数 150時間
回数 60回
定員 8〜16名
教育給付 教育訓練給付制度指定講座
目指す職種 Androidアプリエンジニア、プログラマー など
レベル 初心者OK
合格保証 Java認定OCJ-P ※カリキュラムはJava認定OCJ-WCに対応
受講料 640,000円
教材実習費込
最大5%還元
(32,000スタディポイント)
学費サポートプラン 月々10,000円より

入会金+受講料(教材費込

頭金

月々のお支払い額

670,000円

40,000円

10,000円

開講クラス( )内は授業が行われる場合があります。

昼間部短期集中 平日夜 土・日曜
曜日 週4〜5日間(平日) 月・木又は火・金 土曜又は日曜
時間帯 9:30〜15:30 19:15〜21:45 9:30〜15:30
(16:10〜18:40)
期間 約7週間 約7ヶ月 約7ヶ月

※曜日・時間帯は時期により異なります。※コースの期間・金額は、予告なく変更になる場合がございます。※カリキュラムは、予告なく変更になる場合がございます。※1回の授業は、2.5時間=75分×2コマです。※「合格保証」はリナックスアカデミー固有の制度であり、資格の合格そのものを保証するものではありません。※一部の日程は、上記の標準学習期間外となる場合があります。※「期間」は、昼間部は25時間=1週間、平日夜・土曜・日曜は25時間=1ヶ月とした標準学習期間です。実際には入学期により異なる場合がございます。

上に戻る